事業案内
フィッシュコラーゲンペプチドの製造・原料の販売
美洋の「コラーゲンペプチド1800」の特徴

魚のウロコから生成したフィッシュコラーゲン

管理基準が非常に厳しい大手ファーストフードチェーン用に養殖されているテラピアの鱗を原料にしたフィッシュコラーゲンです。魚を解体(皮と鱗を分離)する所から弊社で行うことで、手配・輸送等の時間経過による原料の雑菌増加や腐敗の心配がほとんどありません。
新鮮な鱗を使用した結果、灰分0.4%の低数値と臭いがほとんど無いコラーゲンペプチドが生まれました。

“純水”を使用した酵素分解で安全で安定したコラーゲンを生成

高度な濾過技術で作った純水を使用することで、ぶれの無い安定したコラーゲンペプチドを生成。
分子量数値の広がりも少なく、原料として少量使用した場合でも分子量の違いが生まれません。
残留農薬については120項目に及ぶ検査を実施、まったく検出されませんでした。

重量平均分子量1800を実現

体内での吸収率を高める為に徹底して低分子化。コラーゲンとしての分子構造が維持される理想的な分子量である重量分子量1800を実現

吸収率が非常に高く、少ない量で効果を発揮

超低分子のコラーゲンペプチドは腸内での吸収率が非常に高く、摂取したコラーゲンを効率良く吸収できます。その為、少ない量で効果を発揮できます。

腸壁での吸収率の比較概念図

無味無臭のコラーゲンペプチド

一切の添加物を加えていないピュアコラーゲンでありながら、コラーゲン独特の味や臭いがほとんどありません。コラーゲン臭や味を押さえるための香料や甘味料などを多用しなくても安心してお使いいただます。

一元管理・一元生産でスピーディに安全・高品質のコラーゲンを提供

魚の解体(皮と鱗を分離)からコラーゲンペプチド納入まで自社完結の一元管理・一元生産。
コラーゲンペプチド専門の自社工場で生産。数十トン単位の生産にも対応でる完全なトレーサビリティのコラーゲンペプチドです。

2007〜2014 Miyo Corporation. All Rights Reserve